にゃんチュウ💋同居生活

人間より動物の方が多い生活☆彡

悲しみが、突然・・・

しばらくお休みしてしまいました。

突然、本当に突然チビ太が天国に逝ってしまいました。

亡くなる前夜から様子がおかしくてなんだかぐったりしていました。

次の日は私の仕事が休みだったので1日一緒にいられるなと思い就寝しました。

朝、5時に起きてみると「ご飯ちょうだい」といつものチビだったので安心しました。ご飯は痩せ始めてからはペースト状の高カロリー缶詰にお湯を足してスープ状にしてなめていました。この日の朝は食べたいのに食べられない感じだったのでスプーンで口の前に運んであげました。それでも匂いをかぐだけであきらめるように横になるばかりで、横になったかと思うと突然起き上がることを何回か続けるようになりました。

9時ごろだったかな・・横たわったまま下顎呼吸になり

このまま呼吸が止まるのではないかと私はオロオロしながらもチビの手を握って頭をなでながらずっと声をかけ続けました。しばらくすると下顎呼吸はおさまりましたが目を開けたまま横たわってやっと呼吸している感じで意識はあるのかないのかわかりませんでした。

時々突然起き上がって水を少しなめることだけはできました。しばらく起きていると疲れてしまうのかまたバタンと横になってしまいます。

昼ぐらいには歩くこともやっとなのにトイレに行こうとするので抱っこで2階にある猫トイレに連れていきました。そこでおしっこだけをしました。これがいつものトイレに入った最後になりました。

昨夜からちゃんとしたご飯を食べられていないのでこのままでは危ないと思い、いろんなものを口の前に持っていきましたが口を開けることはありませんでした。

15時ごろまたトイレに行こうとしたのでトイレシートを持って追いかけるとそこで少しだけ下痢の便が出ました。寝たまましてもいいよと言ってもどうしてもトイレに行こうとするところが痛々しくて愛おしくて私は涙を流しながらずっとチビの横に一緒に寝そべって過ごしました。

やっと息をしている状態が続き、なんとなく覚悟をしなきゃなと思いながらもまだまだ看病はできるものだとこの頃は思っていました。

パパと子供たちが帰ってきてなんとなく頭を上げてみんなを見るそぶりが

とても嫌な予感につながるようで、不安になったことを覚えています。

夕飯を食べる時はいつもそばにいたのに今日は起き上がることもできません。

この状態では夜中もずっと付き添った方がいいということになり

明日はパパが会社を休んで1日看病しようとか、明後日はママが休むねとか相談していた23時ごろ・・突然起き上がって、そしてすぐにバタンと倒れて・・また下顎呼吸が始まりました。

大きく口を開けて何度も息を吸い、時々苦しそうな声が出ています。

しばらくすると手足に力を入れて伸ばし痙攣をおこし始めました。その後も苦しそうな呼吸が続き、だんだん弱くなっていき、そして止まりました

私がずっと握っていたチビの手がぎゅっと握り返してきました。それがチビの最後の言葉でした。「ありがとう」って。

家族みんなに見守られて、みんなに声をかけられながらチビ太は天国に逝きました。

本当に苦しそうな姿を見せたのはたったの10分ぐらい。

みんなに心配をかけないように、迷惑をかけないように急いで逝ってしまったようで、

それがチビらしくてせつなくて苦しくて

何にもしてあげられなかった。もっともっとそばにいていろんな話がしたかった。

いろんなことをしてあげたかった

チビと過ごした15年。こんな日が来るとは想像してなかった。

ありきたりの言葉だけど本当にチビが死ぬなんて考えられなかった。

優しくて大きくて包み込んでくれたチビ

いつもママを目で追って、目が合うと声が出ない口パクでにゃーんって言ってたよね。

ママはいつも「ママも愛してるよ」って答えてたよね。

 

今日はもう限界です。

また続きを今度書きます。

 

ありがとうございました。